【オーバーウォッチ】D.vaのスキルと立ち回りについて解説!

D.vaのスキルと立ち回りについて

メイン射撃

D.vaのメイン射撃はショットガン以上に射程が短いと考えましょう。

その代わりに、リロード不要というメリットがあるため、いくらでも連射できます。

体の大きなタンクにはかなりのダメージが入ります。

ヘッドショットを意識すると、200族も倒せるので狙っていきましょう!

ブースター使用時には移動速度低下がありませんので、空中にいるファラなどは恰好の標的です。

メック破壊後は、ブラスターガンのみで戦うことになります。

(マーシーのガンに非常に近いです。)

なるべく相手のタンクを狙って、即座にULTをためましょう。

この状態のD.vaはいかに早くメックを装着できるかが重要です。

ブースター

ブースターの用途はいくつかあります。

細かいことはそれぞれ解説していきますが、いずれも「ウィンストン」の動きに合わせるといったことを意識しましょう!

用途①:高所への移動

ブースターはに高所への移動を瞬時おこなえます。

OWに限らず、FPSゲームは高所有利なため、非常に有用なスキルです。

(ヘッドショットを狙いやすい&狙われにくい)

また、ウィドウメイカーやファラといった空中戦を得意とするヒーローへの圧力をかけれます。

ウィンストン
ウィンストン

一緒にスナイパーを倒しましょう!

用途②:撤退

D.vaはHPが多い分敵のULTコストをためやすいヒーローでもあります。

そのため、戦況が悪くなったら粘ることはせず、即座にブースターで撤退しましょう。

D.vaは倒されてもメックがはがれるだけなので、死に戻りといったことができません。

dva
dva

撤退ルートを確保しておくと安心だね♪

用途③:環境キル

実はD.vaのブースターは敵に触れるとノックバックする効果があります。

とはいってもごく僅かなもので、崖ギリギリでないと環境キルは狙えません。

「イリオス」などの落下場所が多いマップに限り有効的な戦法です。

ディフェンス・マトリックス

ディフェンス・マトリックス(通称DM)はD.vaのスキルのなかでもかなり使い方が複雑です。

長くなってしまうので、別ページにて解説しています。

D.vaをメインに遊んでいきたいと考えているプレイヤーの方は、ぜひご覧ください。

【オーバーウォッチ】覚えておきたいD.vaのディフェンス・マトリックスの運用方法【バレッジは吸収しちゃダメ?】
オーバーウォッチのタンクヒーローであるD.vaのディフェンス・マトリックスについて情報を集めている初心者プレイヤーの方も多いのではないでしょうか?本記事では、覚えておきたい吸収可能なウルトやアビリティを解説します。戦況をひっくり返すことのできるものばかりなので、ぜひご覧ください!

マイクロ・ミサイル

マイクロミサイルは他スキルを使用しながらでも発動できます(ULTは除く)。

そのため、火力の底上げとして使っていきましょう!

敵に密接しながら発射すると自分自身にもダメージが入ってしまいます。

ただし、そのダメージは微々たるものなので、あまり気にする必要はありません。

クールタイムが上がることにどんどん使用していきましょう。

自爆(ULT)

自爆と書いてありますが、味方&D.va自身にダメージはありません。

敵ヒーローのみにダメージを与えられます。

(2016年のOWではD.vaにもダメージがいく仕様でした。)

ヒーローとの距離に応じてダメージが変化するため、できるだけ敵ヒーローたちの中心に投げ込みたいですね。

しかしながら、敵サポートヒーローを飛ばすだけでも戦況は有利になるので、欲張りは禁物です!

ブースターで勢いをつけながら、発射することでより遠くへ飛ばせます。

トレーニングモードなどで、「速度」および「角度」を試してみましょう!

➹実はメックをきるときに周囲にダメージが発生します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました