【シャドバ】AFネメシスを徹底解説!

デッキカード内容

コストカード枚数
0アーティファクトスキャン3枚
1デバイスチューナー3枚
1機構の技師3枚
1アーティファクトの同調3枚
2浄化の輝き・ミュニエ1枚
2ロボティクスユーザー3枚
2界門のホムンクルス・ラズリ2枚
2ラグナアウェイク2枚
3マジックエンジニア3枚
4アブソリュート・モデスト3枚
4アイアンスティンガー2枚
4運命への反逆3枚
5《世界》・ゼルガネイア3枚
5遺物の番人・ルチル3枚
7アーティファクトリメイカー2枚
9ヴァーテクスコロニー

<デッキコードを発行する>

デッキ詳細|Shadowverse Portal|シャドウバースポータル|Shadowverseのカード一覧&デッキシミュレータ
「Shadowverse Portal(シャドウバースポータル、どばすぽ)」内で保存した自分のデッキを閲覧できます。

リーサルプラン

「ヴァーテクスコロニー&モデスト」で9ターン目に勝利!

コロニーとモデストは「破壊されたアーティファクトカードの種類」に応じて相手リーダーへダメージを与えます。

➹コロニーのファンファーレ効果とモデストのターン終了時効果

*例えば、6種類破壊されている場合は1ターンで12点(6×2点)相手にダメージを飛ばせます。

コロニーが着地する9ターン目までに、なるべくアーティファクトカードの種類を稼いでおきましょう!

破壊されたアーティファクトカードの「種類」を増やそう!

 

相手の盤面を処理しながら、アーティファクトカードをプレイしていきましょう。

マジックエンジニアおよびアーティファクトの同調からは、「アナライズ」をチョイスするのが重要です。

実はこのデッキ、純粋なドローソースがないため、デッキの回転率が良いとはいえません。

*後述するパラダイムシフトの補充をはじめ、手札自体は枯渇しづらい。

 

パラダイムシフトを回収しよう!

パラダイムシフトからは3種類のアーティファクトカードから1つを場に出せます。

基本的に、盤面処理能力の高い「エッジアーティファクト」「ブリッツアーティファクト」をチョイスしましょう。

パラダイムシフトは、アーティファクトカードが破壊される度にコストが下がっていきます。

そのため、「パライダムシフト補充➡アーティファクトカード召喚」といった順序でプレイするのが望ましいです。

マリガンと立ち回り

基本的なマリガン

先攻ヴァーテクスコロニーモデスト、機構の技師、ロボティクスユーザー、アーティファクトの同調

後攻モデスト、機構の技師、ロボティクスユーザー、アーティファクトの同調

vs進化ロイヤルの注意点

進化ロイヤルで1番負けに繋がるのが、序盤のペインレスサムライの処理ができないパターンです。

ラグナアウェイク、ミュニエ、モデストがマリガンで引けたら必ずキープしましょう!

vs消滅ビショップでの唯一の勝利への道

あらゆるカードで消滅してくる「消滅ビショップ」相手には、ほぼ勝ち筋がありません。

ただし、10ターン目まで耐えることができれば、ラグナアウェイクからのゼルガネイアでOTKが狙えます。

カード効果

ラグナアウェイク

【スペル】

ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ。
———-
・破壊を齎す者・ヴィズヤ
・殺戮を齎す者・イザルエ
・絶望を齎す者・ジオテト
エンハンス 9:チョイス したカード1枚を手札に加える。

破壊を齎す者・ヴィズヤ

【進化前】10/10

ファンファーレ:手札をすべて捨てる。自分のリーダーは「このターン終了時、相手のリーダーの体力の最大値を2にする」を持つ。(現在値は2以下ならそのまま)

【進化後】12/12

効果なし。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました